アウトドアの葉巻

海や川辺などのアウトドアで見事にハマる一つが葉巻だと思っています。
今年の夏も暇を見つけて何度か出向き楽しみました。紙たばこなどは強い風であっという間に燃え尽きてしまいますが、葉巻なら小ぶりなものでもそう簡単に燃え尽きる事なく楽しめます。

紙たばこのそれと比べ漂う香りが全く違うので、遠くにいても風下ならすぐにわかるものです。もちろん、たばこの香りが嫌いな方もおられるので周りには十分配慮して楽しむ事は言うまでもありません。

閉め切ったスモークルームやシガーバーなど閉鎖的な空間でのシガーも勿論それはそれでよく、芳醇な香りに包まれる至福感がありますが、太陽を浴びながら、火を眺めながらの葉巻は全く別な至福感です。ちょっとのめり込み気味かもしれませんが、まだ経験がない方には一度試してもらいたいアウトドアスモークです。

自宅などでは湿度や温度管理が施された最良の環境下、ヒュミドール内に格納して大事に保管・或いは熟成させている方も多いでしょうが、アウトドアではそのような事はなしです。ワイルドに持ち運びます。まあアウトドア感を出す為の無理やり感はありますが。

とにかく固い防水用のシガーキャリーにロブストサイズシガーを収めていき、鞄に放り込みます。中身がガサガサ動いてラッパーが割れないか?との心配はご無用です。このシガーキャリー内にある上下のスポンジは固めのものを使用しているので、葉巻さえしっかり目に入れればガッシリ押さえ込んでくれます。投げても転がしても大丈夫でしょう。勿論そのような事はしませんが…
内部には気持ち程度の保湿器が付いてますが、そんな物も使用なしでいきます。意味のない勝手なワイルド感です。

このシガーキャリーは丈夫なので、かなり長く使用しており今では傷もちらほら見当たりますが、この傷具合が増えていく経過と同じだけ楽しんでいると思うと、傷もよく見えてくるものです。

シガーケースは何本用、2本・3本?

タイトルからとりとめのない事柄で恐縮ですが、実はよく聞かれる事柄の一つです。

それこそ色々な本数用がありますが、よくあるものでは2本用か3本用で、あとはカラーや材質の違いといったところでしょう。

まさに皆さんが思われる通り「個人の好みでしょ」に尽きるのですが、そうストレートに答える訳にも参りませんのでこう聞きます。

“バッグを持つか持たないか”

リュックなりバッグなり鞄を持つのであれば3本用をお薦めします。入れ物があるのであれば単純に3本用で行きましょうと。

私などは鞄類を持つのが好きではないので、同じ様な方にはスーツのポケットに収まりやすい2本用です。どういった葉巻を入れるのだとかよりも、こちらの方が明快です。

多く入る事に越したことはないので手間でないなら3本用、スタイル的に難があれば少しでも小ぶりな2本用です。以外にこれが一番すんなりと納得してもらえます。吸いたい葉巻の種類はその時その時で変わりますし、備えあれば患いなしで多い方からという感じです。

ちなみに私は2本用の片方にティンシガーを数本、もう片方に30分から1時間弱程度を楽しめるものを1本入れて持ちます。小旅行クラスになると当然バッグがありますので5本ほど入るキャリー型です。

当たり前だと言われますとそうなのですが、お一人でもそう言われればそうか!と納得頂ければ幸いです。。

葉巻と相性のいいジンNo.10

小ぶりのティンシガー辺りなら別ですが、コロナサイズ以上となる場合は葉巻単体では単調になるといいますか、大体はアルコールと合わせて楽しんでしまいます。

わたし的にはバーボンがほぼほぼを占めますが、ポートランドにいるシガーマイスターは終始ビールです。ビール・シガー・ビール・シガー。最後までです。こちらにポートランドの地ビールを多数持ってきてビールバーを開こうと言い出す位のビール通です。もちろんその案は保留です。

私はほぼバーボンと合わせると先に書きましたが、スタートはカクテルで始まる場合も結構あります。自身が単純なので大体決まってジンリッキーかウォッカリッキーです。

ウォッカは基本スミノフですが、少し個性のあるズブロッカ、米国のスカイなどなど気分でお願いしますが、ジンはタンカレーです。偏屈なこだわりでもなんでもなく単に好きなんでしょう。人生で飲んだジンの9割はタンカレーだと思います。なんといいますか、その洗練感とジュニバーベリーなどが醸し出す独特の香りがシガーによく馴染むような印象です。

よく合わせるのがコイーバコロナやオリヴァNO.4、ロミオのNo.4などコロナ系が多いでしょうか。

タンカレーにはノーマルのものよりちょっとお高いNo.10があります。タンカレーの蒸留所は11ヶ所あり、そのうち10番目の蒸留所で作られるものがNo.10なのでこの名称です。贅沢な葉巻は贅沢なNo.10で楽しむのがちょっとした喜びです。少々嫌味に聞こえるかもしれませんが・・ちょっとした喜びです。

葉巻保湿剤は何パーセントを使用?

10年ほど前に輸入するようになり今ではポピュラーになった「ヒュミディパック」いわゆる保湿剤ですが、どれにすればよいですかとしばしば聞かれます。葉巻を保湿すればよいのでさほど深く考える必要はありませんと答えますが、それほど高価なものではないので使用しながら好みを決めていけばよいと思います。

種類としては下から69%、72%、84%の3種類を扱っていますが、他には75%、65%、62%、49%、さらに32%といったものまで現地ではあります。32%など使う人がいるのか?と思ったりしますが、おそらく置く位置や数などを絡めた使用の仕方をするのでしょう。自宅などではそのような規模のヒュミドールを使用する人は皆無でしょうから扱っていません。

これで終わるとあっけないので一応の参考までに記載しますと、購入したてのヒュミドールや新しいケースなどについては開始からしばらくは84%を使い、早く全体にしっとり感をまとわせるのを推奨します。
乾ききった状態のものが多いので、これで落ち着かせる作業といいますか、工程を踏まえて落ち着けば72%や69%でいいと思います。もちろんしっとり系が好みの方はずっと84%もあるでしょうし、保湿器と併せて使用するのもありです。

セドロの木などでカバーされているシガーはセドロと葉巻の僅かな空間の空気と湿気が滞留してカビが発生しやすくなるので、このあたりには若干注意が必要です。

まさに好みですのでそれぞれですが、しっとり感を感じられる方が雑な辛みも感じにくいので一般的にはしっかりめの保湿環境がよいかと思います。そう考えると72%以上でしょうか。
梅雨時から夏場にかけては相応の湿度レベルになりますので保湿というよりはむしろ、温度に注意して高温多湿にならないよう注意する必要があります。
日本は四季折々ですので、欧米よりもまめな対応が必要かもしれないですね。

胸ポケットの葉巻を差し出す神父

その昔カトリック校で過ごしていた時期がありますが、その敷地内には立派な教会があり、多くの神父さんがそこで生活していました。むしろ教会に付随する形で校舎があったといっても過言ではない位、立派な教会でした。日曜日になると近隣の街から多くの人がお祈りにやって来ます。

在学中は日曜日に1日3回ほどあるミサのどれかに出席しなければなりません。サボるとワークアワーと言って1時間ペナルティを課せられ、草むしりなどさせられます。

前振りが長くなりましたが、その神父さんの中に「ディンハオ」というあだ名のファーザー(ブラザー○○ ファーザー○○などと呼びます)によく可愛がられていました。四季毎に活動するスポーツが違いますので、夏はアメフトやサッカー、冬はバスケなどとなりますが、冬季のスポーツには射撃があり、私も冬季は2度ほど在籍していました。そのファーザーはそこの顧問でもあります。

神父さんの一般的なイメージとしては物静かな紳士風でしょうが、ディンハオはお祈りする際の正装以外は派手なネルシャツにがっちり系のウェスタンブーツで闊歩しています。顔もごつい系で神父さんというよりは怖い系の人といった方がしっくりきます。先の戦争では日本と戦ったぞと慈愛と親しみを込めた笑顔で私の肩を叩きながらよく話をしてくれました。

敷地内は広く移動が大変なので、そんなディンハオの真っ赤なピックアップのボンネットの角、ヘッドライトの辺りに腰掛け(既に中が満員な為)射撃場に向かう際、胸ポケットにある葉巻を咥えて運転しますが、時たま一本を吸うか?といった目で渡されます。

今思えばそんな葉巻を頂くとんだ若造でしたが、うんちくを唱えずただスカッと吸う葉巻というものを教わったのがこの頃だったのかもしれません。きっとお手軽なものだったのでしょうが、銘柄を聞いておけばよかったと思い返します。

オリヴァシガー2本の試喫

先週、あらためて試喫をし直したい葉巻を2本ほど内ポケットに入れて、仕事の打ち合わせ後に一人バーへ向かいました。

何となくシガーサイズによってバーを使い分けていますが、今回のオリヴァ V シリーズは大振りサイズなので大振り用のバーです。 その違いとは? と聞かれると全く合理的な根拠はなく、長く居心地よく吸える的な感覚の、非常に手前勝手なアバウトなものです。

とはいえ、そこはお気に入りのバーの一つで「バー伊藤」といいます。
ライティングよく、氷がよく、シェイクはしっかり交わり、マスタートークも悪くありません。

オールドクロウでバーボンソーダをこしらえてもらい、既にカットしておいたオリヴァにバーナーを借りてすばやく点火し味わいます。

この葉巻はシガーアフィシナード高得点であり間違いない一つですが、初回に試喫した際、あまりに忙しく時限が限られていた為、
また季節も変わり湿度感も変わった環境で再度確認したかった事もあります。

改めて「美味しい」葉巻です。
よく甘いテイストやカカオの香りなどと、様々な感覚を表現する事が葉巻では多いのですが、このセリーVシリーズは一言、美味しいが続く葉巻です。

今回一つ気付いたのが、この手の大振りシガーの場合、テイストが序盤・中盤・後半と変化を伴うものが多いのですが、このオリヴァは後半までほぼ変化を伴わない「美味しさ」が持続する感があると感じました。この辺りがシガーアフィシナードでも高く評価されたのかもしれません。

小一時間ほど味わい、次があるので2本目にまで辿り着けずに今回は退散です。

車を呼んでもらい次のお店に向うまでの間、リアウィンドウに最後まで微笑んで佇むマスターは今回のシガーと同じく、人柄のよさをずっと持続させているマスターです。

葉巻のビッグマーケット

以前ブログでラスベガスにて毎年夏に行われる葉巻のビッグマーケットについて少し触れましたが、全米では幾つかこのようなビッグマーケットが開かれます。日本にも類似の催し物が業者向けに毎年東京で行われますが、当たり前に土地の広さなどの違いから、アメリカのそれはとてつもなくビッグなマーケットです。もともと葉巻消費量世界一の国なので当然と言えばそうなのですが。
こちらはニューオリンズです。



あらゆるシガーブランドやシガーグッズメーカーが出展しており、まさにその場でビジネス交渉を繰り広げます。ここでは大量に購入することが可能ですが、アメリカの消費量ほど日本国内は多くありませんので、保存状況を考え我々は大量購入は行いませんが、米国内の業者は目星を付けていたものを大量に買い付けていきます。それでも短期に消費してしまうのがアメリカの凄いところです。







ビッグマーケットは総じて日本でいうところの夏場期間によく集中して開催されます。シガーコネクションでも突然特定の商品が入荷できなくなり、次の生産までの相当期間在庫切れとなるのはこの影響です。米国内の業者がフェアで大量購入 → 途端に在庫切れ。嘘のような話ですが、注意はしていても時折このような事が起こります。

日本から来ているという事で多少珍しがられている点もありますが、会場で対話するメーカーの人々も同業者も非常にフレンドリーに接してくれます。
もちろん我々含め皆さんビジネスで来ているのですが、葉巻を吸いながら談笑や交渉を進めていく過程に、仕事をしているというよりも情報交換を楽しんでトークしているのが率直な印象です。また実際にこのような場からニュービジネスが生まれています。





クリスマスに1本のパンチシガー

私はおそらく標準より少々上のお酒好きだと思います。
標準がどこかと言われるとこれと言った説得力に欠けますが、おそらくそうだと思います。

にもかかわらず甘いもの好きでもあります。

一昔前は、お酒飲みは甘いものが苦手という定説的な話がありますが、どうも周りの話を聞くとそうでもないようです。私と同様に両方好きだといった面々は意外に多いように思います。

さてクリスマスですが、年甲斐もなく毎年ケーキは恒例事のように頂きますが、周りにはケーキ屋さんも多く、この時期に定番のショートケーキのみならず、チョコレート系、プディング系、マロン系やフルーツ系など目移りするので、毎年その時の気分で選ぶ訳ですが、葉巻は毎回同じブランド、パンチです。

パンチはざっくりですが、甘さを感じるテイスト系が多く、いつもあっさり甘いケーキに芳醇な甘さを感じるパンチをぶつけます。

甘甘はどうなのといった疑問もあるかもしれませんが、これが癖になっています。

ストロングながらその甘さを感じるパンチ セリーD4は安定感がありますが、意外にショートなパンチスリム パナテラスやパンチ ボロスなど、ラストに軽く楽しむ分に近年は気に入っています。

今年もバタバタしていそうなので、ショート系のパンチを1本楽しんで年末を迎えたいと思います。

8年振りの友人とラスベガスの葉巻

IT関係のビジネスを手掛けている友人とほぼ8年振りに電話で話しました。

目的はIT関連の事でしたが、結果的には半分以上がIT以外の事柄だったかもしれません。

彼とは一時ビジネスを共にした時期もあり、のちにお互い新たな道に進むことになるわけですが、なぜ離れた感がないかというと、幼馴染でもあるのでお互いの実家が近所にあるわけです。通う歯医者も一緒です。そういう訳で、全く8年間会ってないのですが久しぶり感がないという妙な関係です。

とはいえそれは結構重要なビジネス話ではありました。ありましたが、意思疎通といいますか、阿吽の呼吸で重要事項を真夜中あっという間に
決めてしまいました。

まあ最初に信用があるとないとでは全然違うので、少々大げさかもしれませんが。

とにかく重要事項は手短に確定させ、その後は互いの8年間へとシフトし、思い出話も含めて夜な夜な話しました。

そんな彼とはラスベガスへ仕事で一緒に行ったことがあります。
目的は2つでしたが、その一つが現在のシガーコネクション絡みです。ペルドモESVシガーや、シガーカッターなどを手掛けるベクター社と取引が始まったのもこの頃です。

ベガスといえばカジノとショーですが、毎年夏に開かれる葉巻のビッグマーケットもラスベガスです。

ビッグマーケットについてはまた機会を見て書こうかと思いますが、そういう事もあって葉巻が浸透した街でもあります。

カジノは各ホテルにビッシリとひしめいていますが、その中には葉巻バーがまず間違いなくあります。ウォークインヒュミドールから自分で選別した葉巻を渡すと、すぐにカットしバーナーで手早く豪快に点火してくれます。ショーや食事の後も同様です。カジノを横切って葉巻バーです。

気障っぽくないアメリカンな葉巻を体感するには、小旅行でも打ってつけの場所だと思います。

はたして日本のカジノはどうなるでしょうか。

遅いヌーボ3本と葉巻と

自宅近所にあるビルの3階に、時折寄るお店があります。
そこは学生時代、学生と言っても中学生時代とかなり古い話ですが、その頃の同期がやっているお店です。とは言うものの、寄るようになったのは1年ほど前で、それまではなんとなくスルーしていましたが、今では間が空くとなぜか叱られます。

先日、特に予定もなく時間が出来たので、例によってワイルドターキーを飲みに行くと、どこか面影のある先客達がワインをやっていました。座るや否やバーボンではなくワインを注がれ、ちょうど私の話をしていたとの事。そう、中学時代の同期達でした。徐々に記憶も蘇り、既にボジョレーヌーボ解禁日が過ぎて余りものとなっていたワインを1本また1本、また1本と片付けていきました。

普段はバーボンですが、ワインで舌を洗いながらの葉巻も悪くありません。とにかくボトルですし、赤・白とテイストもガラリと変えれるので飽きません。
個人的な好みですが、赤には香りやテイストに負けないマデューロ系で、白は逆にライトテイスト系の葉巻をチョイスします。例えば赤にパルタガス ブラック、白に変えて今度はモンテクリスト ホワイトコート、のような感じでやっていると2時間ほどはあっという間に過ぎてしまいます。

ちなみにですが、ここの店内は禁煙で表階段の溜りにあるチェアとテーブルに掛けて吸うスタイルです。なので本格的に味わうにはこの近くにある別のシガーバーへ足を運ぶ必要がありますが、それはそれで散歩気分です。

年末になるとお酒と葉巻が増えてしまうように、忘れかけていた同期の面々が増えていきそうです。