胸ポケットの葉巻を差し出す神父

その昔カトリック校で過ごしていた時期がありますが、その敷地内には立派な教会があり、多くの神父さんがそこで生活していました。むしろ教会に付随する形で校舎があったといっても過言ではない位、立派な教会でした。日曜日になると近隣の街から多くの人がお祈りにやって来ます。

在学中は日曜日に1日3回ほどあるミサのどれかに出席しなければなりません。サボるとワークアワーと言って1時間ペナルティを課せられ、草むしりなどさせられます。

前振りが長くなりましたが、その神父さんの中に「ディンハオ」というあだ名のファーザー(ブラザー○○ ファーザー○○などと呼びます)によく可愛がられていました。四季毎に活動するスポーツが違いますので、夏はアメフトやサッカー、冬はバスケなどとなりますが、冬季のスポーツには射撃があり、私も冬季は2度ほど在籍していました。そのファーザーはそこの顧問でもあります。

神父さんの一般的なイメージとしては物静かな紳士風でしょうが、ディンハオはお祈りする際の正装以外は派手なネルシャツにがっちり系のウェスタンブーツで闊歩しています。顔もごつい系で神父さんというよりは怖い系の人といった方がしっくりきます。先の戦争では日本と戦ったぞと慈愛と親しみを込めた笑顔で私の肩を叩きながらよく話をしてくれました。

敷地内は広く移動が大変なので、そんなディンハオの真っ赤なピックアップのボンネットの角、ヘッドライトの辺りに腰掛け(既に中が満員な為)射撃場に向かう際、胸ポケットにある葉巻を咥えて運転しますが、時たま一本を吸うか?といった目で渡されます。今思えばそんな葉巻を頂くとんだ若造でしたが、うんちくを唱えずただスカッと吸う葉巻というものを教わったのがこの頃だったのかもしれません。きっとお手軽なものだったのでしょうが、銘柄を聞いておけばよかったと思い返します。

オリヴァシガー2本の試喫

先週、あらためて試喫をし直したい葉巻を2本ほど内ポケットに入れて、仕事の打ち合わせ後に一人バーへ向かいました。

何となくシガーサイズによってバーを使い分けていますが、今回のオリヴァ V シリーズは大振りサイズなので大振り用のバーです。 その違いとは? と聞かれると全く合理的な根拠はなく、長く居心地よく吸える的な感覚の、非常に手前勝手なアバウトなものです。

とはいえ、そこはお気に入りのバーの一つで「バー伊藤」といいます。
ライティングよく、氷がよく、シェイクはしっかり交わり、マスタートークも悪くありません。

オールドクロウでバーボンソーダをこしらえてもらい、既にカットしておいたオリヴァにバーナーを借りてすばやく点火し味わいます。

この葉巻はシガーアフィシナード高得点であり間違いない一つですが、初回に試喫した際、あまりに忙しく時限が限られていた為、
また季節も変わり湿度感も変わった環境で再度確認したかった事もあります。

改めて「美味しい」葉巻です。
よく甘いテイストやカカオの香りなどと、様々な感覚を表現する事が葉巻では多いのですが、このセリーVシリーズは一言、美味しいが続く葉巻です。

今回一つ気付いたのが、この手の大振りシガーの場合、テイストが序盤・中盤・後半と変化を伴うものが多いのですが、このオリヴァは後半までほぼ変化を伴わない「美味しさ」が持続する感があると感じました。この辺りがシガーアフィシナードでも高く評価されたのかもしれません。

小一時間ほど味わい、次があるので2本目にまで辿り着けずに今回は退散です。

車を呼んでもらい次のお店に向うまでの間、リアウィンドウに最後まで微笑んで佇むマスターは今回のシガーと同じく、人柄のよさをずっと持続させているマスターです。

葉巻のビッグマーケット

以前ブログでラスベガスにて毎年夏に行われる葉巻のビッグマーケットについて少し触れましたが、全米では幾つかこのようなビッグマーケットが開かれます。日本にも類似の催し物が業者向けに毎年東京で行われますが、当たり前に土地の広さなどの違いから、アメリカのそれはとてつもなくビッグなマーケットです。もともと葉巻消費量世界一の国なので当然と言えばそうなのですが。
こちらはニューオリンズです。



あらゆるシガーブランドやシガーグッズメーカーが出展しており、まさにその場でビジネス交渉を繰り広げます。ここでは大量に購入することが可能ですが、アメリカの消費量ほど日本国内は多くありませんので、保存状況を考え我々は大量購入は行いませんが、米国内の業者は目星を付けていたものを大量に買い付けていきます。それでも短期に消費してしまうのがアメリカの凄いところです。







ビッグマーケットは総じて日本でいうところの夏場期間によく集中して開催されます。シガーコネクションでも突然特定の商品が入荷できなくなり、次の生産までの相当期間在庫切れとなるのはこの影響です。米国内の業者がフェアで大量購入 → 途端に在庫切れ。嘘のような話ですが、注意はしていても時折このような事が起こります。

日本から来ているという事で多少珍しがられている点もありますが、会場で対話するメーカーの人々も同業者も非常にフレンドリーに接してくれます。
もちろん我々含め皆さんビジネスで来ているのですが、葉巻を吸いながら談笑や交渉を進めていく過程に、仕事をしているというよりも情報交換を楽しんでトークしているのが率直な印象です。また実際にこのような場からニュービジネスが生まれています。