Romeo y Julieta Reserva Real

Romeo Y Julieta Reserva Realのみならず、Romeo Y JulietaのRomeos、Motecristo memoriesなどもティンシガーの元来スタイルである10本ティンパッケージから6本ティンパッケージに変更となりました。

米国内でもトライアル的に変更を行っているところはあるようですが、どうも6本パッケージがポケットに収まりやすいというのがメインのようです。

確かにプリストサイズのコイーバペクノティンやオリヴァ Oティンなども同様のサイズで持ち運びに高評判なことから、この広がりはメジャーになりそうです。

Romeo Y Julieta Reserva Real

Romeo Y Julieta 1875 Romeos

Montecristo Memories

ホンジュラスの葉巻

少し前になりますが、サッカーの試合でホンジュラス代表と日本との戦いがあり、暫くその試合を見入りながらホンジュラスも結構強いのかと、サッカーにさほど詳しくない私は思って見ていました。
調べてみると、この時点で世界ランキングは84位と、(ちなみに日本は49位)なるほどそこそこの水準なんだと遅まきながら理解したところです。

葉巻で言えばランキングトップはキューバ産という方が多いでしょうが、ホンジュラスシガーをご存知でしょうか?まず距離ですがキューバと目と鼻の先で人口は700万人ほどです。
実は葉巻の生産能力としては最大のドミニカ共和国に次いで2番目の位置付けにあります。その殆どはキューバの種により育てられ、育成方法もキューバで行う生産工程を順守しているので、ほぼキューバ産といっても言い過ぎではないかもしれません。
地理的には山岳や高原、平野とバラエティに富んだ地形を備えている事もあり、幅広い要望に対応できる地理的な優位性も持ち合わせ、中にはキューバ産を凌ぐシガーもあると聞きます。
ここ10数年ほどで飛躍してきた感もある地域です。ご存じなかった方は私のサッカーと同様、一度興味を持たれても損はない生産地の一つです。

ロメオ イ ジュリエッタ(フリエタ)

コイーバやモンテクリストと肩を並べる歴史あるメーカーの一つ。

イギリスのチャーチル首相が好んだロメオ イ ジュリエッタ チャーチルは同社の代表作の一つ。チャーチルサイズもここからきている。その他、セドロに包まれているセドロデラックスシリーズや、白と赤のチューブに格納されたNo.1,2,3など有名なシリーズを多く保有している。総じてアロマが深く豊かなものが多く、ディープな支援層を持っている。
スモールシリーズではペティコロナスなどがあるが、同サイズではドミニカンロメオシリーズが出しているロメオ イ ジュリエッタ ロメオズやジュリエッタス、レゼルブやホワイトシリーズなどがその手軽さからメジャーになりつつある。

葉巻は熟成か否か

ボジョレーヌーボのような出来立ての葉巻がいいのか、それとも何年も寝かしたビンテージ物がいいのか、これもよく聞かれる事です。結論から言いますとワインと同様にどちらもそれぞれ良いという事でしょう。
葉巻を個人的に寝かせるという事は、結局は自分の好みの湿度で時間を掛けて安定させるので結果的に自身で楽しむ分には最良のコンディションになる為、ビンテージがいいとなるのだと思います。

日本という国は四季がはっきりとあり、温度・湿度の変化が大きい国なので、客観的に見れば長期保存にはあまり適した環境とはいえないでしょう。
葉巻の保管維持には70%程度が理想の湿度と言われますが、日本の梅雨時期などは100%近い期間もあり、真冬などは30%もないでしょう。当然気温も大きく違います。想像してみると分かり易いのですが、この変化で葉巻が膨らんだり縮んだりを繰り返しているとダメージが蓄積していくのは容易に想像がつきます。もちろん、まるまる外気に触れる状態で保管する事はないので極端な説明になりますが。とはいえ、ヒュミドールで保管していても四季の変化は伝わりますのであまり長期はしない方がいいと個人的には思います。

米国経由の南米産シガーは製造工程が整っていることもあり、キューバ産と違いほぼセロファン包装されているのが特徴です。日本という特性で考えれば、好みの状態まで持っていく熟成時間には影響が出ますが、保存における影響が少ないセロファン包装がベターだと思います。

最後に現地の製作者の多くの方々は、作り立て、つまりフレッシュな葉巻がとても美味しいよと言っています。

フォンセカ

創業者はF・E フォンセカ。1891年に創業。
以来、葉巻を一つ一つホワイトペーパーで包んでいる事で有名。総じてソフトな感触で扱いやすいため、葉巻ビギナーにも入りやすい老舗ブランドです。

最も有名なところでは「フォンセカ デリシャス」で、葉巻を嗜むものでこれを知らない人はいないであろう有名な一品。
含んだ感じもやはり軽く、指でつまんでいてもその柔らかさは他と容易に区別がつくやさしさを全体的にまとったシガーでしょう。

季節でいえば春から夏に似合うフィーリングの葉巻です。

シガーカッター

葉巻を吸うにおいて、初めから吸い口部分がカットされている一部のものを除くとシガーカッターで吸い口をカットする儀式があります。
通常はダブルの刃で両側よりカットを行うものが普通ですが、シングル刃もあればトリプル刃もあります。

好みにはなりますが、やはりダブルブレードが一番のお勧めでしょう。シングルは片側にパワーがかかり崩す感じとなります。トリプルは全体的に締め切る感じですが、シガーカッター自体が良い作りでなければグシャリ感が出てきます。フィラーの並びに影響が出ない様、スッパリと落とす事が基本ですので、色々ありますがいきつくところはダブルではないでしょうか。

パンチカッターは吸い口にタバコ葉が付きにくい仕上がりになりますので、こちらも人気のあるカッターです。V字カッターも意味合い的にはパンチカッターに似たところがあり、葉が口につきにくい形状にカットしてくれますが、入口がかなり狭くなるのでテイスト的には醍醐味が損なわれてしますかもしれません。

敢えて言えばですので、強くこだわる必要はありませんが、シガーには何かとこだわりが多いものです。

パルタガス

パルタガス=荒々しい というのが古来からのパルタガスのイメージ。
創業は1845年。キューバで古い歴史を持つ有名ブランドの一つ。よく知られているところではパルタガス セリーD4。大変強い喫味であり玄人ないしはマニア好み。ダークなラッパーに真紅のリングも強烈なビジュアルとして有名。またチューブに入ったコロナスメジャーも文字通りメジャーなシガーの一つ。ラフな感じのジャンルではパルタガスショートも初心者ベテランに幅広く愛されているものとして有名。見た目はセリーD4より強い印象ながら、以外とデリケートな香りなパルタガスブラック クラッシックは米国では長い人気品のもの。
このようにタフな印象が強いブランドながら、近年ではテイストをかなり現代風にアジャストして人気を維持している。

リングはどうする?

シガーにはほぼ大変と言っていいほどリングが付いています。
念の為にいいますと、葉巻の吸い口近くに巻いてある紙の事です。本来これはブランド表記がメインではなく、葉巻を指で持つ際に指が汚れにくくする事と、もう一つ重要な役割としてCapa(ラッパー)が剥がれてくるのを防止するためにほどこされたものです。 ちなみに19世紀にオランダ人の葉巻製造者により実施されています。

想像すればおわかりの通り、段々とファッション的要素が濃くなっていき各社のブランドの威厳を表すかのごとく多くのデザインが広まり、現在に定着しています。当時の凝ったリングなどは非常に高価なものもあり多くのコレクターもいるほどです。

おそらく私たち一般人はシガーを吸う際にいちいちリングを外さず、イメージ的には火元がリングに近づいてきたら外すといった方が大半だと思います。
大きくさかのぼった当時は吸う前に外すか付けたまま吸うかの意見が大きく二つに分かれていたようです。いわゆる非常に古い葉巻愛好家はリングを外す方を選択し、比較的自由な感じのアメリカなどでは特に外してどうこうといった考えはなかったようです。リングを外す意味合いとしては、リングの装飾性やブランドを誇示するかのような吸い方はマナーとしてよくないとした意見でした。ここまでのポリシーを持って葉巻を吸っていたとはある意味、尊敬に値します。
ちなみにリングを外す際もむやみに剥くのではなく、葉巻に着火してボディが温まり、リングをとめている粘着性が弱くなった段階で剥くといった具合です。


もちろんリングに関して正しい間違いなどの答えはなく自由に嗜めばよいという事ですが、こういった個々それぞれのこだわりがあるという葉巻はやはり奥深いものがあります。

モンテクリスト

コイーバに次ぐ葉巻ブランドといっても過言ではないメーカー。
設立は1935年。名前はモンテクリスト伯爵に由来しています。柔らかでソフトなテイストが特徴。中でもモンテクリストNo.2はトルペドサイズのシガーとして非常に有名な品の一つで食後にじっくり時間をかけて楽しむシガー。
ドミニカンモンテクリストでは、逆にお手軽なモンテクリストメモリーズがデイリーシガーとして非常にポピュラー。
モンテクリストホイタスがスモールサイズでは有名ながら、ドミニカンモンテクリストメモリーズの方が若干太く辛みも抑えており、初心者にも抵抗なく味わえる。

ヒュミドール

葉巻の保管ケース、いわゆるヒュミドールの殆どは杉で出来ています。 ファッション性を重視したアルミ仕様などもありますが、それでも内部には薄手の杉が入っていたりします。
理由は通気性と調整力。乾いたエリアであれば湿気を外に出して加湿し、逆に多湿エリアでは湿気を吸収するのでデリケートな葉巻を保管する材質としてはベストといっていいでしょう。
杉自体も自然な香りを醸し出しているので葉巻との相性も悪くありません。
短期であればさほど気にする事はないでしょうが、長期保存や葉巻の熟成にはヒュミドールはかかせないアイテムです。