葉巻の吸い方

葉巻用語集

葉巻用語集を基本的なものですが参考までに入れておきしました。聞きなれない用語もあると思いますがお暇な時にでもご覧いただければと思います。基本的なものですが意外と役に立ちます。また随時追加していきたいと思います。

アラスカで吸う葉巻

昨日からアラスカのフェアーバンクスに学会関係の仕事できています。
フェアーバンクスはアンカレッジからさらに内陸のほうに150マイルほど北上した地点にあります。

何でまたこんな田舎町で学会を開くのかと思えば、丁度この町にアラスカ大学があるからでした。
アラスカ大学の先生たちはいつも米国本土まで出張という形で学会にこられるので、二年に一度はアラスカで学会をやるらしいのです。

本土の連中で釣りやハンティングの好きな方々は、このアラスカでの学会を楽しみにしているそうですが、基本的に珊瑚礁とココナツ、そしてコバルトブルーの海を愛する私としては、万年雪のとツンドラで成り立っているアラスカには殆ど興味も無く、自分から来ることはまず無いと思います。

幸いなとこに、冬は零下何十度まで落ちるといわれている気温も、夏のこの時期は少し肌寒いぐらいで、外でも半そでで過ごせます。
冬場はオーロラが見えることで有名なこの町ですが、夏場の今は夜の12時半過ぎまで日が沈みません(日が沈んでもまだ明るい)。
夜明けはなんと朝の3時頃です。
早い話が一日中外は明るいのです。
昨日も明るい夜の10時頃にホテルのロビー近くにあるスモーキングエリアで一人でCAOを吸っていました。

11時過ぎにホテルのバーで寝酒をかねて、地ビールであるAlaskan Amberを3杯ほどジョッキで飲み干しました。
それでも外は真昼のように明るく全く寝る気になりません。
もう一本葉巻に火をつけようかとも考えましたが、持参したヒュミドールにはあと4本しか葉巻は残っていません。
初日に2本消費してしまうと、後残り4日間のうち一日は葉巻無しの夜を迎えなければいけません。
この何も無いフェアーバンクスで葉巻の無い夜は耐え難いと思われます。
皆さんもしもアラスカに何かの関係でどうしても行かなければ行けないときは、旅行日数X2の葉巻(一日2本の計算)を持参されることをお勧めします。

ハワイの友人

ハワイで生活していた頃、よく一緒には葉巻を楽しんだ友人の一人にマリオがいます。

彼とはよくビールをピッチャー単位で飲みながら、ハワイ大学の近くのバーで葉巻を楽しんだものです。

初めてマリオと葉巻を吸ったとき、私がテキーラに葉巻の吸い口を軽くつけてテキーラの味と葉巻の味を同時に楽しんでいるのを見て彼もそのまねをしました。
ただ彼は葉巻の火をつけるべき方をテキーラに漬けたのです。
その後彼はしきりにその葉巻に点火しようと頑張っていましたが、当然ぬれた葉巻に火がつくはずもなくその葉巻はだめになりました。

バーに入ってすぐの事だったのでけして彼は酔払って葉巻の点火口をテキーラに漬けたわけではなく、多分テキーラのアルコールに火が付くと思ったのでしょう。
火をつけるにはやはり110度ぐらいの強いお酒でなければだめでしょう。

結論から言えば葉巻をお酒につけて火をつけるのはかなり無理があります。
吸い口を軽くブランデーやウイスキーに浸すのはびしょびしょにならない程度ならOKかなと思います。
まあどちらにしてもこれらは葉巻の本道からは外れた吸い方です。

ステーキハウスと葉巻の関係

アメリカでも上等なステーキは特別で祝い事や商談などの時に食べに行くのが恒例です。

大抵のレストランのメニューにステーキはありますがアメリカで上等なステーキを食する場合はやはりステーキハウスと呼ばれる専門店に限ります。

有名なところではRuth’s Chris Steakhouse、Hy’s SteakhouseやMorton’s steakhouseなどがあります。

アメリカの高級レストラン(ステーキハウスを含む)には大抵、バー(食事を注文しなくてもお酒だけ飲むことができる)とダイニング(基本的には予約して食事をする)があります。

ちなみにMorton’s Steakhouse のバーはアメリカでも数少ない葉巻の吸えるレストランバーのひとつです。
レストラン内のバーはレストラン客が待ち合わせや予約したダイニングの時間までの軽く一杯ひっかけるために使われます。

バーでマティーニを片手に葉巻を吸って時間をつぶし、綺麗なウエイトレスの案内で飲みかけのマティーニをそのまま持って(場合によってはウエイターが別に運んでくれる場合もある)ダイニングに移動し12オンスの巨大なステーキを平らげる。
これが私の考える理想的なアメリカでのステーキの食べ方です。

葉巻をゆっくり吸いたい場合はこの順序を逆にします。まずステーキを食べてそれからバーに移動してカクテル片手に葉巻に火をつける。
さてステーキハウスで吸う葉巻のサイズですがはやはりロブストもしくはトロサイズです。
やはりあの巨大なサイズのステーキと合わせるにはコロナサイズでは葉巻がステーキに負けてしまいます。

ヒュミドールの中身

今回はヒュミドール初心者の方のために私の経験から葉巻をいい状態に保つための秘訣を少々書いてみます。

1)購入したばかりのヒュミドールは木が乾燥している状態の場合がほとんどです。
葉巻を入れる前に軽く蒸留水を含んだスポンジなどで内側を拭いてやってください。
そしてふた閉じて1日休ませます。
適切なサイズの加湿器を入れて準備が完了します。

2)加湿器は湿度を70%ぐらいにコントロールするものです。
70%以上になれば水分を吸収するようにできています。そのためには加湿器を湿らす程度に保つことが大切です。
水でビショビショにしないよう気をつけてください。
特に湿度の高い時期は気をつけてください。カビの原因になります。

3)カビを防ぐためには葉巻保湿器用プロピレングリコール溶液【大容量473ml】を使用することをお勧めします。

4)アナログ式湿度計はデジタル式ほど正確ではありません。
本格的に葉巻を保管する場合はデジタル式を併用するのが一番です。

5)ヒュミドールに最低10本ほどの葉巻を常に入れておく。
実はこれが一番重要な点です。
過去に私が葉巻を仕事として扱っていなかったころどうしてもヒュミドールに入れている葉巻がドライになったりウエットになったりして悩んだことがありました。
その理由は葉巻自体がヒュミドール内の湿度を保つ役目をするということを知らなかった為に数本の葉巻で湿度の変化をまかなっていたのです。
ヒュミドールが空になってから葉巻を追加するのではなくいつもある程度の葉巻をヒュミドールに入れておく。
こうすることでヒュミドール内の葉巻を最良の状態に保つことができるのです。

オープンカーと葉巻

オープンカーで海岸線を流しながら葉巻をさりげなく燻らす。
確かにイメージとしてはとてもいい感じがします。

しかし現実的には巻き込む風で灰が飛び散り、葉巻はきれいに燃えず、ギアチェンジのたびに葉巻の置き場に困り、下手するとやけどするか車のインテリアに焦げをつくるかの選択を迫られると言う状態になります。

私自身も2度ほどオープンカーと葉巻のコンビに挑戦してみたのですがもうやめとこうと思います。

葉巻はやはりゆっくりと宙に消えていく煙を目で追いながら過去、現代、未来と時間の壁を越えて思いにふけるのが一番の味わい方だと思います。

今年もまた夏が来てオープンカーで海岸線を走る時期にはちゃんと車を止めてそれからロミオ&ジュリエッタに火をつけようと思っています。

シガーとライトビール

私事ですが、私はビールが大好きです。フランス料理店に行ってもワインよりビールを選びます。

週末はオレゴンのポートランドで過ごすことが多いのですがビール好きの私にとっては最高の町です。ポートランドはアメリカでの地ビールブーム発祥の町で、どのレストランに入ってもそこの料理に合わせた地ビールを用意しています。
ベルギー産のCHIMAYなどはフランス料理にもぴったりです。

地ビールといえばアルコール度の高いコクのあるビールがほとんどです。
ビールとして楽しむのなら地ビールはとてもいいのですが、葉巻との相性はもうひとつだと思います。
地ビールの残す余韻と葉巻の余韻が口内でうまく混ざらず中途半端なフィニッシュになってしまうのです。

そこで私は葉巻を楽しむときはライトビールを合わせます。
ライトビールの軽さが口内をリフレッシュし、次に来る葉巻の味がより新鮮に感じられるからです。
寿司でいうならトロと雲丹の間につまむガリのような感じでしょうか。

皆さんも一度試してみてください。
今日はロッキーパテルとCoors lightです。